ED治療薬を輸入する際の梱包と支払に関する注意

ED治療薬を輸入する際の梱包と支払に関する注意

ED治療薬の輸入での利用は非常に便利ですが、梱包にも気をつけていただきたいと思います。

 

封筒や梱包剤の外側にレビトラなどのロゴマークがついていると、分かる人にはすぐにばれてしまいます。

 

個人輸入代行業者のホームページなどで、どのような梱包の状態で配送されるかの写真などを掲載されている場合もよくありますので、梱包の外観が心配な方は事前に確認しておくことをオススメします。

 

 

また、輸入代行の業者を利用する際には、その発送方法によっては、納期が大きく異なることもあります。

 

EMSやFedExを利用した場合、最短では発注してから3日ですが、通常だと5日程度で自宅に届くと予想しておくと良いです。

 

またこれらは高速便なので、その他の場合ではさらに延び、10~2週間程度の納期が目安となります。

 

 

また、これらの納期以上に、お届けの際に自宅に誰もいないと、不在通知が置かれることになるでしょう。

 

その場合には再配達の依頼が必要となりますので、不在通知票に記載されている問い合わせ先を参照しましょう。

 

そして再配達の場合には必ず代引の費用も用意しておきましょう。

 

また、個人輸入品であっても稀に抜き打ち的に通関で開封され、課税される場合があります。

 

課税の通知が商品とともに届けられた場合にはその料金も代引の際に商品代とともに支払うことになるため、代引での支払いの際には少し多めの金額を用意しておくと良いでしょう。

 

相場では、課税額は通常1000~2000円程度です。