バイアグラのジェネリック医薬品の注意点

バイアグラのジェネリック医薬品の注意点

精力剤といえばバイアグラというくらい有名です。
即効性が期待できる薬ですが、非常に高額なのがネックとなっています。
1粒あたり1,000円以上もするのです。
こうした現状を打破するため、バイアグラのジェネリック医薬品が普及してきました。
個人輸入によって購入すれば、クリニックでバイアグラの処方を受けるよりも安くなるのです。
日本の法律はおかしなもので、ドラッグストアでバイアグラを販売するのは違法ですが、個人輸入で販売するのはいいのです。
法律の整備が整っていないこともあり、こうした状況はしばらく続くでしょう。
バイアグラのジェネリック医薬品は、6割が偽物だと言われています。
ほとんど有効成分を含まないバイアグラもあるそうです。
また、有効成分の配合量を増やし、販売促進をアピールしているメーカーもあります。
有効成分が多いと聞くと、メリットを感じる方は多いでしょう。
しかし、これにはリスクもあります。
有効成分が多くなると、副作用も増すと考えてよいでしょう。
よく、テレビニュースでバイアグラの事件が放映されていますが、その多くは偽物のバイアグラの服用が原因となっています。
バイアグラのジェネリック医薬品は、インターネットの個人輸入によってカンタンに入手できます。
しかも、正規品よりも価格が大幅に安いので、つい手を出してしまうようです。
しかし、医師の処方箋を受けずに購入することにはリスクを感じるべきです。
ジェネリック医薬品の多くは安心して服用できますが、精力剤は話が別です。
偽物の流通が多いのが現状なのです。