ジェネリック医薬品の普及率

ジェネリック医薬品の普及率

医師は病気の検査・治療をするだけではありません。
医薬品を処方する立場でもあるのです。
医師が使用する医薬品を決定し、薬剤師が調合をすることになります。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品(新薬)とは異なるものです。
正規のメーカー以外が製造・販売を行っているのです。
医薬品の特許期間を過ぎれば、製造元以外のメーカーが製造してもよい決まりとなっています。
医師が好むジェネリック医薬品は、有名企業が販売するものです。
知名度の高い製薬会社ならば、安心感は高いはずです。
一般の方から見ても、聞いたことがないメーカーよりも、有名メーカーの商品のほうが安心できるはずです。
大手製薬会社の場合、提供する情報が豊富なのです。
効果・効能はもちろんのこと、副作用についても明記されています。
情報量の多さは安心感につながります。
ジェネリック医薬品について詳しく知るためには、薬剤師のアドバイスも大切となります。
現在は、医療の役割分担が進んでおり、薬剤師が処方する医薬品を決めるケースが多くなってきています。
それゆえ、医師と薬剤師の両者の意見を聞いたほうがいいのです。
ジェネリック医薬品の多くは、正規の医薬品とほぼ同じ効果があるとされます。
しかし、正確な情報は少ないのが現状であり、同じ効果があるとは断言できないのです。
添加物や製造過程に違いがあれば、効果にも違いがあると考えるのは当たり前のことです。
医師、製薬会社、一般の方たちの間で医薬品に対する認識が異なっているため、ジェネリック医薬品が普及しにくいのが現状です。