ジェネリック医薬品の内容成分について

ジェネリック医薬品の内容成分について

医薬品には特許期間があります。
この期間は20年間となっており、いかに特許期間中に利益を上げるかが重要となります。
特許権が切れると、自社で製造・販売を独占することはできません。
ジェネリック医薬品の開発が認められるようになるためです。
昔であれば、「ゾロ品」などの悪いイメージの名称が使われていましたが、現在は認知度も高まり、ジェネリック医薬品という名称が使われています。
国の医療制度は破綻しつつあると言われています。
少子高齢化により、税収は落ち込んでいるにも関わらず、必要となる税金は増えているのです。
年金問題などは、国の危機的状況を顕著に表しています。
このような状況を打破するため、厚生労働省はジェネリック医薬品を積極的に普及させようとしています。
薬効は正規品とほとんど変わらないため、コストを抑えるメリットがあると考えたのです。
医薬品の価格が下がれば、医療費の低下にもつながるわけです。
しかし、国が普及活動を行っている反面、ジェネリック医薬品の普及は遅れていると言われています。
医師会が普及に対して疑問視をしているのが原因のひとつです。
先発医薬品と成分は同じでも、添加物は異なる場合があります。
また、製造過程にも違いがあれば、薬効にも影響してくると考えられます。
ジェネリック医薬品の認知度は、それほど高くはないのが現状です。
認知度の低さが普及を妨げているのも一因でしょう。
人によっては、コピー品や偽物と捉えることもあり、悪いイメージを抱く方が多いのも現状です。