ジェネリック医薬品とジェネリック協会の関係とは?

ジェネリック医薬品とジェネリック協会の関係とは?

日本ジェネリック製薬協会は、略してジェネリック協会と呼ばれています。
この団体は、ジェネリック医薬品を普及させることを目的としています。
医薬品を販売するメーカーが関与しております。
ジェネリック医薬品は、海外ではポピュラーとなっています。
しかし、日本では普及率が低いのが現状です。
日本の医療は優れている反面、非常に慎重であるのも現状です。
同じ成分の医薬品だとしても、製造過程によって効果にも違いが出てくると考える医師は大勢います。
処方して患者の具合が悪くなった場合は、結局は医師の責任にされることが多いため、慎重になるのは当然のことでしょう。
これが、日本でジェネリック医薬品が普及しない原因です。
しかし、原因はほかにもあるとされます。
現状においては、正しい答えは出されていませんが、複雑な要因が絡み合って普及を妨げているのは事実でしょう。
日本の医療保険制度は、海外とは異なっています。
また、医薬品に対する認識の違いもあります。
医薬品といえば高額なイメージがありますが、日本の医薬品は海外と比べると安価なのです。
それゆえ、無理にジェネリック医薬品に頼らなくても、安全な先発医薬品にしたほうが無難だという考えもあるのです。
日本の医療保険制度は、非常に厳しい状態にあります。
財源を確保できず、保険組合が破綻する話も聞かれています。
このような危機的な状況は、今後も拡大していくと考えてよいでしょう。
国の景気減退は、国民生活にもそのまま反映されるのです。