子どもとジェネリック医薬品の関係

子どもとジェネリック医薬品の関係

ジェネリック医薬品には、子ども用の薬もあります。
先発医薬品よりも安価になっており、手軽に入手できるメリットがあります。
個人輸入を利用すれば、医療施設から処方を受けるよりも確実に安くなります。
ジェネリック医薬品は、ジェネリック品とも言われています。
先発医薬品と同じ成分で作られているのです。
成分が同様なのに価格が安いのは、研究や開発の費用を抑えられるためです。
すでに完成した医薬品と同じものを製造すればいいのですから、手間や労力は大幅に軽減できるでしょう。
ほとんどの方は、ジェネリック医薬品よりも先発医薬品のほうが優れていると思われるでしょう。
これは本当のことですが、例外がないとも言えません。
保存料の違いや、パッケージの簡潔化により、先発医薬品よりも効果が高く、価格も抑えられることもあるのです。
しかし、これは医師でなければ判断はできません。
医薬品は、服用しただけで効いたような気分になるものです。
ほとんど効果がないのに、薬だと言って飲まされるだけで効いているように錯覚することも多いのです。
子どもが服用する薬の場合は、特に慎重になる必要があります。
子どもは大人よりも体が小さいので、薬の効果も出やすいのです。
これは、副作用も出やすくなることを意味します。
ジェネリック医薬品を使用する際は、医師に相談したほうがいいでしょう。
先発医薬品との効果の違いについても聞いてみるべきでしょう。
医師が処方に乗り気でない薬ならば、使用しないほうが無難かもしれません。