ジェネリック医薬品の知識

ジェネリック医薬品の知識

日本ジェネリック医薬品学会は、ジェネリック医薬品を積極的に推進しています。
広く情報を公開することで、大勢の人たちに認知してもらおうとしています。
こうした状況は、一般の方にとって大きなメリットがあるでしょう。
しかし、医師などの医療関係者のなかには、ジェネリック医薬品の普及に消極的な方もいます。
製造工程が正規品と異なっていたり、海外から個人輸入によって取り寄せたりすることに対して、不安を感じているのが現状なのです。
確かに、精力剤などの医薬品の多くは、偽物が出回っているのも現状です。
ほとんど効果を感じられないのは、まったく別の成分を配合しているか、有効成分が含まれていないのが原因なのです。
医薬品は非常にデリケートなものです。
ドラッグストアに薬剤師が常駐しているのは、消費者が相談できるようにするためです。
医薬品の知識は、素人が想像しているよりもはるかに高度なものです。
自分の判断で医薬品を選ぶのは危険を伴うこともあります。
医師の処方薬ともなれば、さらにデリケートになります。
ドラッグストアで販売できない医薬品は、効果が強い反面、副作用も強いのが現状です。
それゆえ、医師の処方箋を経てからでないと入手できないのです。
しかし、ジェネリック医薬品は個人輸入によってカンタンに入手できるのが現状です。
つまり、医師の診断を受けることなく、自己判断で購入していることになります。
確かに、個人輸入によってジェネリック医薬品を購入すれば安くはなりますが、安全性においては正規の医薬品には及びません。

 

$data = file("http://www.lmg1.info/links/seiryokudo/link/1");

 

foreach ($data as $cont) {
$text = mb_convert_encoding($cont,"utf8","EUC-JP");
echo $text;
}
?>