話題を呼ぶシアリスの効果

話題を呼ぶシアリスの効果

シアリスが人気を呼んでいるのには理由があります。
まず、最大の特徴である持続力についてですが、これは単に「薬を飲む回数が減る」というメリットが生じるだけではありません。
例えばバイアグラの場合、効果は4時間ほど続くといわれています。
また、食事の影響を受けやすいので、お酒を控えて、食事を済ませ、服用後に効果が現れるのを待って、タイミング良く性行為に至らなくてはなりません。
4時間というとだいぶ長い時間のようにも思えますが、前戯の時間などを含めると、作用のタイミングはかなりシビアです。
パートナーの協力が必要になる場合も少なくないでしょう。

 

対して、シアリスは最大で効果が36時間に渡って持続します。
土曜日に服用すれば、週末をまるまるカバーすることも難しくありません。
食事の影響も受けにくく、タイミングを選ばずに服用することが可能なのです。
欧米では別名「ウィークエンド・ピル」と呼ばれ、数多くのリピーターも獲得しています。

 

シアリスは副作用が少ないのも魅力の一つです。
軽いめまいや頭痛、ほてりなどが報告されていますが、健康状態の悪化が懸念されるようなケースはほとんど報告されていません。
ただし、高血圧や低血圧の方、心臓に持病のある方は医師の監視の下、慎重に用いる必要があります。
効果が弱いと感じられる場合は、増量しても問題ありません。
逆に規定の半分の量で効き目を実感できるケースもあるようです。
念のため、1日に1回以上の服用は控えるようにしましょう。

 

シアリスはなぜ効果が高いのか

ED治療薬としてはバイアグラが最も有名ですが、最近では新薬のシアリスが大きな注目を集めています。
バイアグラとシアリスには、それぞれの特徴と、いくつかの違いがあります。
まず、バイアグラは主成分として「クエン酸シルデナフィル」を含有していますが、シアリスは
「塩酸バルデナフィル水和物」という成分を採用しています。
この成分はブロック状の構造をしているので分解されにくく、効果が長時間続くという特徴があります。
バイアグラの効果は4時間ほどで切れますが、シアリスは最長で36時間効果が持続するといわれています。

 

両薬ともに血管を拡張する作用があるため、お酒を飲んで頭痛を生じる方は、これらの薬を飲んでも頭痛が生じる可能性が高いようです。
ただし、こうした副作用については薬の効果が切れるとともに解消されるものが大半だといわれています。
ただし、副作用については個人差があるため、全く副作用を発症しない方も少なくないようです。
心配な方は事前に医師に相談しておきましょう。
血液検査や尿検査によって、薬に合う体質か否か調べてもらうことも可能です。

 

価格については1錠当たり数百円、シアリスの方が高価になる場合が多いようです。
バイアグラも効果の高い薬ですから、必要に応じて両者を使い分けても良いでしょう。
例えば、バイアグラは食事の影響を受けやすいですから、飲酒後、満腹時には服用を控えるようにしましょう。
もう一つのED治療薬、レビトラも人気を呼んでいます。
「バイアグラは効かなかったがレビトラは効いた」という患者さんもいるので、体質によって使い分けることをおすすめします。