世界各国のジェネリック医薬品

世界各国のジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は世界各国で販売されています。
正規品よりも安い価格で購入できるメリットがあるためです。
アメリカでは、かなり昔からジェネリック医薬品の導入に積極的でした。
同様の成分の薬ならば、安価なほうがいいからです。
ジェネリック医薬品が日本よりもずっと普及している原因でもあります。
また、医療保険制度の範囲をジェネリック医薬品のみとして、普及を促していることもあります。
使用を敬遠する医療施設は、国からもよく思われないのが現状です。
代替調剤制度の問題も関係しています。
患者が医薬品を選べるシステムが充実しているのです。
ジェネリック医薬品の購入の際、病院の処方を介する必要がないのです。
FDA(食品医薬品局)は、日本の厚生労働省に該当する組織です。
公式ガイドブック(オレンジブック)を発行するなど、ジェネリック医薬品を広めようとしています。
アメリカは、医療費を軽減するためにジェネリック医薬品を導入しています。
そのシェアは、あと5年もすれば2倍になる勢いなのです。
先発医薬品を開発した企業の特許権を尊重することは大切ですが、国の医療保険制度を守ることも大切です。
日本の医療保険は、かなり厳しい状態に置かれています。
税収が少ない状態で制度を確保するには、ムダを解消していくしかありません。
その方法のひとつがジェネリック医薬品の普及なのです。
日本の医師は、アメリカと比べてジェネリック医薬品に関して消極的です。
それゆえ、急激に普及することはなく、徐々に普及していくことになるでしょう。