日本ジェネリックについて

日本ジェネリックについて

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同様の成分の医薬品のことです。
日本でも徐々に普及してきています。
しかし、海外と比べると普及は遅くなっています。
この要因は、日本の医療制度の仕組みが関係しています。
日本ジェネリックは、ジェネリック医薬品の普及を目的として誕生した会社です。
日本調剤(製薬会社)が母体となっています。
現在は、500種類以上のジェネリック医薬品が存在しています。
この種類は、医師の知識では補えないほど多いものです。
最近では、薬剤師が医薬品を選ぶことが増えてきています。
医療の役割分担が波及しているからです。
厚生労働省は、日本の医療制度の見直しの一環として、ジェネリック医薬品の普及活動に務めています。
しかし、思ったほどは普及していないのが現状です。
新薬とのリストの正確性に問題があるため、医療現場から使いにくいという声も聞かれています。
医師のなかには、正規の医薬品以外は使用を避ける方もいます。
詳しいデータがないので使用するのが不安なのです。
いくら同じ成分でも、製造の仕方によって効果が変わることは多々あります。
薬を処方した責任は医師に向けられるため、慎重にならざるをえないのが現状なのです。
ジェネリック医薬品の普及のためには、製薬会社への信頼性の確立が大切となるでしょう。
有名企業ならばデータは比較的多くなっていますが、中小企業ならば資金力が不足しているので、詳細なデータを揃えられないケースが多いのです。
日本ジェネリックが誕生した背景には、こうした問題を解決する目的もあるのでしょう。