包茎治療にシアリスは使えるか?

包茎治療にシアリスは使えるか?

包茎は包皮が被った状態なので、常時亀頭を露出させることができれば、すぐにでも改善します。

 

若いころの包茎は、ペニスが完全に発達していないために起こることが多いので、成長とともに治ることが少なくありません。

 

成長がストップしても包茎の状態なら、何らかの対策を施さないと治ることはありません。

 

包茎を治すために一番確実なのは手術です。

 

専用器具も登場していますが、誰にでも効果があるわけではありません。

 

また、価格も数万円と高額なので、確実に治すならばクリニックで手術を受けるべきでしょう。

 

仮性包茎程度ならば、日本人の場合は放置しておく方が多いです。

 

自分の手で無理なくむけるならば仮性であり、真性包茎とは違います。

 

むくときに痛みを伴ったり、亀頭・包皮が締め付けられたりするようならば、手術して治すのが好ましいですが、本当に手術が必要な包茎は多くはありません。

 

シアリスなどのED治療薬を服用すれば、自然と包皮がむけるという方も多いです。

 

シアリスの服用により亀頭が大きくなり、包皮が引っ張られてむけていくのです。

 

仮性包茎ならば、包茎手術をしなくても、シアリスを飲むだけで治ることもあります。

 

手術は確実なる方法ですが、リスクがあることも忘れてはいけません。

 

実績の少ない医師が執刀すると、大きな傷が残ってしまったり、ペニスや包皮がツートン(2色)になったりするなどのトラブルが発生する確率が高いのです。

 

シアリスを飲んで無理なく性行為が行える程度の包茎ならば、治療の必要性は薄いと言えます。